人気ブログランキング |

草を摘み

続 お能のこと 臥牛敷舞台 お披露目の 会


富士宮市 粟倉の 臥牛敷舞台 の お披露目会が
終わりました^ ^
続  お能のこと  臥牛敷舞台   お披露目の 会_c0286837_11102692.jpeg

当日は 素晴らしい お天気 に 恵まれて 🌞
自然光と 吹き抜ける 風が 心地よく
本来の 能舞台 (野外)の 在り方に 近い 中での
お披露目会に。

続  お能のこと  臥牛敷舞台   お披露目の 会_c0286837_11101195.jpeg
会は、舞台 当主 高橋千洋さんの
想いあふれる ご挨拶に始まり、
宝生流能楽師 田崎甫先生 の 独吟、
教室の 発表としての 素謡と 仕舞いの 披露、
そして 田崎先生、今井基先生 の 仕舞いの ご披露、と
盛りだくさんでした。

2回に 分けた 会 、どちらも 盛況で
整えられた 舞台での 演目 を
楽しんで お帰りに なる方たちを
お見送りすることができました。

続  お能のこと  臥牛敷舞台   お披露目の 会_c0286837_11094437.jpeg
(左: 田崎甫先生 右 :今井基 先生 )

続  お能のこと  臥牛敷舞台   お披露目の 会_c0286837_11103920.jpeg
続  お能のこと  臥牛敷舞台   お披露目の 会_c0286837_11095608.jpeg
(写真 は 全て 田崎玄吾 様 撮影の ビデオより )

個人的には お教室に 通い始めて 一年 余りで
このような 場に 参加 させて 頂くのは
とても 有難いこと、であり
同時に 怖さ と 迷いが
尽きませんでした。

謡も 仕舞いも
とにかく お能の 型を鵜呑みにする、と
だけ 決めて 取り組みました。

本番は お稽古通り のぞむだけ。

この 一日を 終えて
感じたことは まだまだ 言葉 に
しきれないものが 多くありますが、、

厳然と 決められた型や 形式の
通りに 事が 運ばれること により
生まれる 美、
感受性 の はたらき、のようなものを
微かに 感じました。

最初に 自分の 中では 切り分けていたつもりでも
お能に 触れるように なって
かえって 自分の 踊りや クラス 、
日常 にも 繋がる 豊かな 発見
が 多く あったことも 確かです^ ^

高橋さんと ご家族の 御尽力により
復活した 臥牛敷舞台。

こちらでは 月2回 田崎先生の
お稽古のほか、
7月からは お能に 親しむ場として
演目のレクチャー 付きの
「臥牛サロン 」が スタートする
そうです 😊

正式な 能舞台を 観に行くのは
いろいろと 敷居 が 高いことも
多いですが ^^; こちらの 舞台の ように
間近な場所で
謡や 仕舞いを 見て
その後も 能楽師 の 方と お話が
できる、、というのは
なかなか 貴重な ことでは ないでしょうか🤗

田崎 甫 先生の 謡 と お仕舞い、
本当に 素晴らしいです。

詳しくは こちらで 紹介されています
↓↓

みなさまの お越しをお待ち しております 。






by batasumi | 2018-05-22 11:49 | お能のこと | Comments(0)

川端すみ子 ブログ
by batasumi
更新通知を受け取る

最新の記事

目の前にあるものを
at 2020-04-03 16:48
ちょうど一年
at 2020-03-02 16:42
五感を満たす
at 2020-02-29 10:39
まずはひとつ
at 2020-01-23 11:16
初釜
at 2020-01-13 09:59
年が明けて
at 2020-01-08 14:13
最近のこと
at 2019-12-22 13:48
幸ハウスという場所
at 2019-11-28 19:50
富士宮に来て
at 2019-11-20 17:03
その後
at 2019-11-08 18:43
デトックス
at 2019-10-28 07:51
実験中
at 2019-10-15 12:56
50歳まで
at 2019-10-12 08:29
コツの 本
at 2019-10-08 16:53
結局 何が あったのか? ⑥..
at 2019-10-04 08:44